西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

韓国人・朝鮮人・中国人の名前

金大中」と書いて「キム・デジュン」、「金日成」と書いて「キム・イルソン」と読む。なんか不思議ですね。昔は「金大中」は「きん・だいちゅう」、「金日成」は「きん・にっせい」と読んでいました。なぜこうなったのでしょうか?

それは1984年に韓国の全斗煥(ぜん・とかん、チョン・ドファン)大統領が来日した際に、韓国政府から韓国人の人名については韓国語での読み方をするよう要請され、それが現在まで続いているそうです。ただ、その代わり、相互主義ということで、日本語の人名については、韓国においても日本語と同じ読み方をするそうです。

なお、日本において中国人の人名は、毛沢東(もう・たくとう)胡錦涛(こ・きんとう)と日本語の読み方をしますが、これは日本と中国の間に、中国人の人名は中国語の読み方をする、と言ったような決まりが無いためです。中国では中国語で「毛沢東」は「マオ・ツォードン」、「胡錦涛」は「フー・チンタオ」と読みます。日本人の人名も中国では中国語の読み方で呼ばれます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/11/29(火) 10:19:37|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<漢字変換ソフトの怪 | ホーム | 英語での名前の書き方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/662-51477c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。