西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画鑑賞「日本海大海戦」

2005年12月21日付 ブログブルクタイムズ紙
本日12月21日水曜日、公爵殿下は東京浅草にある映画館にて映画をご鑑賞になりました。ご鑑賞になった映画は「日本海大海戦」。公爵殿下は以前も同映画をご鑑賞になっており、かなりお気に召していると思われます。マナーの悪い観客に囲まれながらも、最後までご鑑賞になりました。
と言う訳で、本日は「日本海大海戦」を鑑賞してきました。

日本海大海戦

<主なスタッフ>
 製作:田中 友幸
 監督:丸山 誠治
 特技監督:円谷 英二

<主なキャスト>
 三船 敏郎
 加山 雄三
 仲代 達矢
 黒沢 年男
 松本 幸四郎

この映画、以前も同じ映画館で鑑賞しました。結構好きな映画です。特撮を使った海戦モノで、最近の戦争映画のように変に反戦メッセージが入っていない、程よくエンターテイメントとして楽しめる映画です。それでいて、明治の元勲たちの苦悩も読み取ることができます。

また、日本海海戦前、沖縄県宮古島の漁師がバルチック艦隊を発見したものの宮古島に無線がないため、無線のある石垣島へ必死に船をこいで行くシーンがあったり、日本海海戦後、島根県の漁師が浜に流れ着いたロシア兵の死体を葬るシーンがあったりと、結構庶民の頑張りも描いている所が好感持てます。

この映画で不満があるとすれば、海軍の名参謀秋山真之と陸軍の名参謀児玉源太郎が登場しないことくらいですね。あとは概ね満足です。かなりお勧めの映画です。でも、カップルで観るには適していないかも知れません(笑)。

<公爵の独り言>
それにしても、浅草の映画館は酷い。スクリーンは大きくて良いのですが、観客のマナーが最悪。ゴミは散らかす。煙草は吸う。床に痰を吐く。咳や呻き声が聞こえる。携帯電話の呼び出し音が鳴る。困った物です。

テーマ:戦争 - ジャンル:映画

  1. 2005/12/21(水) 20:42:40|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ワインの飲み方 | ホーム | 映画鑑賞「ALWAYS 三丁目の夕日」>>

コメント

公爵様
私はDVD持ってます。ある意味で誤解を恐れずに言えば、旧きよき時代の戦争が描かれていますよね。武士道対騎士道と言った感じで。
加藤隼戦闘隊も持ってますよ。あれにも中国軍人との友情が描かれていますね。
  1. 2005/12/22(木) 12:57:53 |
  2. URL |
  3. 駄目と無駄 #qg05QxWw
  4. [ 編集]

駄目と無駄様
>旧きよき時代の戦争が描かれていますよね。武士道対騎士道と言った感じで。
そうですね。バルチック艦隊司令長官ロジェストウェンスキー中将を捕虜にする時の扱いとか、その後の連合艦隊司令長官東郷平八郎中将との会見とか。また、この映画では描かれていませんが、旅順のロシア軍司令官ステッセル中将と乃木大将の水師営の会見も有名ですね。
  1. 2005/12/23(金) 08:05:06 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/699-70195bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。