西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

在中国領事館職員自殺

在上海日本総領事館に勤務していた電信官が2004年5月に「国を売ることはできない」と遺書を遺して自殺した。自殺の原因は、中国公安職員を名乗る中国人男性から、電信官の知人の中国人女性が犯罪行為をしており、電信官も共犯として処罰すると脅迫され、外交機密関連情報などの提供を強要されたためと言われている。

この電信官は情報提供をすることに良心の呵責を感じて自殺したが、これは氷山の一角であると思われる。中国の工作員によって罪を着せられ、それをネタに脅迫され、情報提供をする日本人はかなり多いと思われる。

中国を訪問する政治家、官僚、マスコミ、ビジネスマンは中国が危険な国であることを理解して、十分に注意すべきであろう。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/12/29(木) 22:54:24|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:12
  4. | コメント:7
<<良いお年を! | ホーム | 日本の褒章>>

コメント

公爵様
工作員の罠にはまったのは残念ですが、命を賭してある意味「ノブレス・オブリージュ」的なものと中国の実情を示してくれて国民として感謝したいと思います。
ところで、にんにくが糠床の中で芽を出しそうな感じですが、すごい生命力ですね。
殿下も糠床もよいお年をお迎えください。
  1. 2005/12/29(木) 23:41:48 |
  2. URL |
  3. 駄目と無駄 #qg05QxWw
  4. [ 編集]

駄目と無駄様
自殺された領事館電信官、本当にお気の毒です。それにしても、今まで隠蔽されてきた1年半前の事件が、今こうして報道されることが不思議です。政府が対中国政策に本気で取り組み始めたということでしょうか。これからの動きに注目ですね。

>ところで、にんにくが糠床の中で芽を出しそうな感じです
それはすごいですね・・・。もしかして糠床の塩分、低めですか?
  1. 2005/12/30(金) 02:04:56 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

庶民は小説や史記、資治通鑑などを通じて中国が日本と異質な国で文化を共有できないこを感じているのに、政財界の連中が自分たちの為に無理に日中友好を作ろうとするからしわ寄せがいろんなところで起こるのですよね。糠床である庶民が奮起すべきときかもしれません。確かにもう少し庶民は塩辛くしなくてはいけないかも・・・。(笑)
  1. 2005/12/30(金) 12:40:57 |
  2. URL |
  3. 駄目と無駄 #qg05QxWw
  4. [ 編集]

凤凰卫视11月22日消息 据香港大公报报道 近几个月来,一股恶毒攻击中韩民族的逆流正在日本泛滥,肆意歪曲历史、丑化中国人和韩国人的两本漫画书在日本热卖,它们误导了不明真相的日本年轻一代,影响极其恶劣,但政府官员则对此不闻不问。

这些反映日本社会沉渣泛起、有人力图煽起仇华、仇韩情绪的漫画书,一本名为《中国入门》,一本名为《嫌韩流》。前者在日本的销量已达十八万本,在日本亚马逊书籍销量排行榜第二;后者更达三十六万本,高踞榜首。

台独分子充当急先锋

《中国入门》的全名为《中国入门:麻烦邻人的研究》,由日籍台湾人黄文雄提供文稿,此书把中国描绘成贪婪的人吃人国度,热衷自相残杀及卖淫。黄文雄称中国为“世界卖淫超级强国”,更信口雌黄指中国由卖淫活动所得利润占其国内生产总值一成。

《中国入门》还声称中国是疾病之源,它引述日本首相小泉纯一郎的话说:“我听说在日本爆发的流行病,大多来自中国大陆。”该书又诋毁中国文化,书中一位日裔女子说:“今天的中国,无论是哲学、思想、文学、艺术、科学和制度,都失去吸引力。”

现年六十八岁的黄文雄出生于台湾新竹,是个丧心病狂的“台独”分子,上世纪七十年代曾在美国向到访的蒋经国开枪行刺。他的亲日比李登辉有过之无不及,写过五十多本对中国抹的书,在日本以骂中国而闯出名堂。但这么一个人,现在却是台湾的“总统府国策顾问”。

竟为七三一部队叫好

黄文雄又称,二战期间日军七三一细菌部队对数千名中国平民和战俘进行的细菌生化、截肢、解剖等活体医学实验都是“合理的”,说“这是保护日军免受中国威胁的必要之举”。至于日军在南京屠杀三十万中国人的事件,《中国入门》则称根本就是中国官方为在亚洲散布反日言论与气氛所杜撰出的谎言。

由日本右翼漫画家山野车轮编写的漫画书《嫌韩流》,则专门歪曲日韩历史、诋毁韩国民族性格,已引起韩国民众的强烈愤怒。

称是日本打造了韩国

《嫌韩流》的内容从该书十一章的标题即可知端倪──第一章︰日韩共同举办足球世界杯的背后,韩国人玷污了世界杯的历史;第二章︰战后赔偿问题,永远无休止要求金钱和下跪;第三章︰旅日韩国和朝鲜人的来历,在日本留下的历史与“强行绑架”的神话;第四章︰韩国剽窃日本文化,剽窃日本文化和无视着作权的实态;第五章︰反日舆论的威胁;第六章︰韩语与韩国人,自称“世界上最优秀语言”的历史与秘密;第七章︰外国人的参政权问题;第八章︰日韩合并的真相,为朝鲜近代化而努力的日本帝国三十六年功过;第九章︰侵略日本领土,竹岛问题;第十章︰尾声,日韩友好之路。

在《嫌韩流》中,一名日本年轻女子大言不惭地声称:“说今天的韩国是日本建造的,真是一点都不夸张!”书中还有一段说,“韩国文化一点也没有令人骄傲的地方!”

书中又把韩国抗日义士安重根描绘成“愚蠢的恐怖分子”。日本右翼分子、所谓“新历史教科书编撰会”的主要成员西尾干二,还在书中写下了“从外表所看不到的可怜民族”等侮辱韩国民族的专栏。

谬种流传影响恶劣

由于日本当局从来就不愿让青年一代知道历史真相,这些严重歪曲事实的漫画书误导了许多无知的日本年轻人,产生了非常恶劣的影响。日本出版商飞鸟新社介绍《中国入门》时便这样说:“中国是怎样的国家?看罢这书就能一目了然。这本异色漫画如实地将这个在政治、经济及外交问题上不断罔顾国际常规,且令人困扰的邻国表露无遗。”
  1. 2005/12/30(金) 18:50:50 |
  2. URL |
  3. 君子 #-
  4. [ 編集]

駄目と無駄様
日本の一部の政治家や官僚、実業家は、中国人は自分たちにすり寄ってくる人間を絶対に信頼しないし、尊敬しないということを忘れているのかも知れません。いや、もしかすると、それに気付いて、友好を強調しつつ撤退している最中かも知れません。きっと来年は目を覚ましてくれるでしょう。そう願いたいものです。

今年は駄目と無駄様から政治・経済の話題や糠漬けの話題でコメントやトラックバックを頂き、楽しいブログライフを過ごすことが出来ました。ありがとうございました。では、来年も良い年であることを祈っております。
  1. 2005/12/31(土) 18:06:40 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

君子へ

How do you do, 君子.

Are you a Chinese? I am glad of your visit. And I am glad that you wrote the comment. However, I do not understand Chinese. And, to our regret, a Chinese character is not able to correctly displayed in this Blog. I want to listen to your opinion. If you want me to listen to the opinion, please describe it in Japanese or English. I am waiting for your comment.

Regards,
  1. 2005/12/31(土) 18:24:00 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

Excite翻訳(中国語簡体字→日本語)の結果を一応貼っておきます。

鳳凰衛星テレビの11月22日のニュース 香港大公報の報道によると 近い何ヶ月に来て、1筋の悪辣な攻撃の中韓の民族の逆流は日本氾濫して、思う存分歴史を歪曲して、中国人と韓国人の2冊の漫画の本を醜悪かして日本の人気商品にあって、それらのまちがって誘導した不明な真相の日本の若い世代、影響はきわめて極めて悪くて、しかし政府の官吏はこれに対してまったく無関心だ。

これらが日本の社会の沈んだかすを反映して広がる仇の華、仇の韓の情緒の漫画の本をあおぎ始めることに極力努めて、1は元来《中国が入門する》といって、1は元来《韓国ブームが嫌だ》という。前者の日本での販売量は18万冊にすでに達して、日本のアマゾンの書籍の販売量のランキングの第2にある;後者は更に36万冊に達して、首位にお高くとまる。

台湾独立分子は急先鋒になる

《中国が入門する》の全名為は《中国は入門する:隣近所の人の研究》に面倒をかけて、日本籍台湾人の黄文から勇ましく草稿を提供して、この本は中国を貪欲な人に描写して人の国家を食べて、味方同士が殺し合って売春をすることに熱中する。黄文が勇ましくて中国を“世界の売春をするスーパー強国”と呼んで、更に口から出任せに言って中国が売春をする活動の所得の利潤からその国内総生産の1割を占めることを指す。

《中国が入門する》はまだ中国が疾病の源だと公言して、それは日本の首相の小泉純一郎の話を引用して述べる:“私は日本で爆発する流行病を聞いていて、大部分が中国大陸から来る。”この本はまた中国の文化をそしって、本の中で1人の日系の女子は言う:“今日の中国、哲学、思想、文学、芸術、科学と制度なのに関わらず、すべて吸引力を失う。”

現在の年齢の68歳の黄文の勇ましい誕生は台湾新竹で、狂気じみる“台湾独立”の分子で、行って世紀の70年代にかつて米国で訪ねる蒋経国まで(へ)に向って発射して暗殺した。彼の親しい日比と李登輝は勝るとも劣らないで、50数冊中国に対して泥を塗る本を書いたことがあって、日本で中国をののしるで原因が飛び出す。しかしこのようにする一人、今ところが台湾の“大統領官邸の国策の顧問”。

意外にも731部隊のために喝采する

第二次世界戦争の時に日本軍の731細菌の部隊は数千人の中国の平民と捕虜の行う細菌の生物化学、手足の切断、解剖などの生体の医学の実験に対してすべて“合理的だの”で、“これが日本軍を保護して中国の脅しの必要な動作に受取るのを免除するのだ”を言うと黄文が勇ましくてまた語っている。日本軍は南京で30万中国人の事件を殺戮するのとなると、《中国が入門する》はまいて日の言論と雰囲気のいい加減に作り出したうそに反対するのまったく中国の政府なことをアジアでと呼ぶ。

日本の右翼の漫画家の野山の車輪の編纂した漫画の本《韓国ブームが嫌だ》、もっぱら日韓の歴史を歪曲して、韓国民族の性格をそしって、すでに韓国の民衆の強烈な怒りを引き起こした。

日本が韓国を製造したのだと語っている

《韓国ブームが嫌だ》の内容はこの本の11章の見出しからすぐ手がかりに分かる──
第1章:日韓は共にサッカーのワールドカップの背後を催して、韓国人はワールドカップの歴史をけがした;
第2章:戦後問題を弁償して、永遠に絶え間なくてひざまずくことと金銭を求める;
第3章:日本滞在の韓国と朝鮮人の由来、日本で残す歴史と“強行して誘拐する”の神話;
第4章:韓国は日本の文化を剽窃して、日本の文化を剽窃してと作権の本当の態を無視している;
第5章:日の世論の脅しに反対する;
第6章:韓国語と韓国人、“世界で最も優秀な言語”の歴史と秘密を吹聴する;
第7章:外国人の参政権の問題;
第8章:日韓の合併の真相、朝鮮の近代溶けることために努力した日本帝国の36年の功罪;
第9章:日本領土を侵略して、竹島の問題;
第10章:終わり、日韓の友好的な道。

《韓国ブームが嫌だ》の中で、1名の日本の若い女子はぬけぬけと公言する:“今日の韓国を言うのは日本が建築したので、本当に少しも誇張しない!”本の中に1段が言うことがまだいて、“韓国の文化は誇らしい地方だ!”

本の中でまた韓国の日本軍に抵抗する義士を重さの根につけて“愚かなテロリスト”を描写する。日本の右翼分子、いわゆる“新しい歴史の教科書が編纂してできる”の主要な成員の西尾と乾二、まだ本の中で“うわべの見えないのが民族に同情してから”などを書いて韓国民族のコラムを侮辱する。

間違った言論・学派が影響に広く伝わるのは極めて悪い

日本の当局がこれまで青年の1世代に歴史の真相を知っていさせたくないため、これらの深刻な事実を曲げる漫画の本のまちがって誘導した多くの無知の日本の若い人、とても極めて悪い影響を生んだ。日本の出版会社の空を飛ぶ鳥の新しい社が《中国が入門する》を紹介する時このように言う:“中国はどんな国家です?この本が一目で分かることができることを見る。この異なる色の漫画はありのままにこれを政治、経済と外交の問題の上で絶えず顧国際の常規に隠して、しかも悩ませる隣国は余すところないことに表れる。”
  1. 2006/01/04(水) 22:05:48 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/708-bb89fcce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2005/12/29(木) 22:56:23 |

媚蠱の術の犧牲者か

上海総領事館員の自殺、外務省が中国政府に抗議  鹿取克章外務報道官は28日、記者会見し、中国・上海の日本総領事館に勤務していた男性が昨年5月に自殺した事実を公式に発表した。自殺の動機について「中国の公安当局関係者による遺憾な行為があったと考える」と説明。外交
  1. 2005/12/29(木) 23:34:21 |
  2. 駄目と無駄

【領事館員自殺】中共政府逆ギレ(アサヒだけ報道に遅れ)

在上海領事館員の自殺を巡っての日本の抗議に対し、中共政府は逆ギレという支那文明圏ならではの対應を見せました。
  1. 2005/12/30(金) 02:15:07 |
  2. 大本営

中共はもっとアドリブを勉強しろ

昨日、在上海日本領事館の職員自殺報道をスッパ抜かれ、世論が硬化し、ますます対中外交の変化が加速する気配を敏感に感じ取ったのか、中国政府が立て続けに日本への『反論』をしてい
  1. 2005/12/30(金) 08:07:14 |
  2. やじざむらい的日々雑感

イレギュラーな諜報戦

上海日本総領事館の男性館員が、一年半前に自殺していたという事件は、とても歯がゆい事件だ。現地での女性関係を餌に機密漏洩を強要するという手口はクラシックで、今時この手法が通用するのは、日本の政治家や外交官だけではないだろうか。情報を売ることなく自ら命を絶
  1. 2005/12/30(金) 08:45:29 |
  2. 外交のファンタジスタ

自殺した領事館職員

想像の域を出ないのだが、中国から圧力を受けて自殺したということは、領事館職員にもともと隙があったんだろう。だから、遺族も詳細を明かせない。おそらく、中国当局に何らか
  1. 2005/12/30(金) 09:09:37 |
  2. Chaotic Neutral

中国外務省 総領事館職員への情報提供強要遺書に憤慨とか

あの秦剛が吠えています。中国外務省 総領事館職員への情報提供強要遺書に憤慨上海の日本総領事館の男性職員が中国当局から外交機密に関する情報提供を強要されたとの遺書を残し自殺したとされる問題で、中国外務省の秦剛(しんごう)報道副局長は29日....
  1. 2005/12/30(金) 09:36:19 |
  2. 言語学研究室日誌

領事館職員の自殺を巡って

昨年5月に、在上海総領事館の男性職員が、中国側から外交機密に関する情報提供を強要されたとの遺書を残して自殺したそうです。いろんなブログでも既に書かれていますが、中国側の女の人からの色仕掛けにに乗って、それを弱みとして握られた結果、中国側から外交機密を強..
  1. 2005/12/30(金) 14:11:13 |
  2. 政治家・兄やんの一言モノ申すブログ

自殺した日本人外交官の背後に中国スパイの影

 驚愕の事実が判明した。マスコミ各社の報道によると、上海日本総領事館に勤めていた四十代の日本人外交官が昨年五月、中国情報機関関係者と思われる人物から日本の外交機密情報
  1. 2005/12/30(金) 23:27:39 |
  2. 外交と安全保障をクロフネが考えてみた。

上海総領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書

より。 【遺書の中に、「国を売ることはできない」などとも書かれており】 発端は個人の油断だったとしても、そのまま言いなりになる議員さん達と違って公務死扱いで靖国に祭られる資格は十分かも。 と無理矢理話題を靖国に持ってきたのには理由が有って、某氏と話していた
  1. 2005/12/31(土) 04:00:41 |
  2. OtAKu4

有識者=ゴキブリ

また、ろくでもないことを目論んでいるのだろう。 このコンビ、日本を悪くするばかり
  1. 2006/01/13(金) 02:20:25 |
  2. 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部

中国の人達の名前とその他

中国の人の姓名は、漢字3文字が圧倒的に多いようです。一般的に、姓は1文字名は2文字ですが、姓に使われる漢字はおおむね決まっており、100文字から150文字くらいだと言われています。因みに、中国(中華人民共和国)は56民族で構成されており、漢民族が80%位で後の20%は5
  1. 2007/02/07(水) 00:07:57 |
  2. 中国茶@中国茶を飲んでみよう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。