西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・糠床始動

今日の昼から糠床の「湯船ぷかぷか」を行いましたが・・・、

途中で寝てしまい、夜まで湯船に放置してましたorz。

せっかく温めたのに、湯の温度が下がり、かえって糠床の温度が下がってしまったのではないかと心配しながら糠床をかき混ぜてみました。・・・温かい!良い感じです。昼過ぎまでは、もったり・べったりして隙間のない手触りだったのが、少し改善したようです。温度が上がって、糠床の活動が始まったのかもしれません。

しかしまだまだ序の口。再度「湯船ぷかぷか」を行うべく、足し糠をして、かき混ぜ。そこでちょっと糠床の味見をしたところ、

かなりしょっぱい!

やはり前回、塩を入れすぎたようです。どうりで腐ったり黴びたりしないわけです。もう少し塩分を下げないと行けません。そこで足し糠が必要なのですが、我が公爵家の足し糠の在庫を確認すると、かなり在庫が少なくなっております。私は当初、今ある足し糠をこの先2、3回分の足し糠に使おうと思っていました。しかし、今、足し糠を全力投入した方が、糠床自体の復活が早まることは明白・・・。まぁ、足し糠を買ってくれば解決する問題なのですが、今日これから買いに行くのも面倒・・・。どうしようか迷っていたところ、私の心の中でトルメキア王国辺境派遣軍司令官クシャナ殿下(参考:風の谷のナウシカ)が叫びました(笑)。

今使わずに何時使うのだ!行けー!

クシャナ殿下のご命令に従い、私は手持ちの足し糠を糠床に全力投入。ついでに「ぬかみそからし」も糠床に投入。かき混ぜた後、糠床の味見をすると、なかなか良い感じ。さすがクシャナ殿下の采配です(笑)。赫赫たる戦果が期待できそうです。現在、糠床は湯船に浮いています。夜中に蕪を漬けて、明日の朝食で食す予定です。

<公爵の独り言>
腐ってやがる!まだ早すぎたんだ!
とならないように注意が必要ですね(笑)。

テーマ:手づくりにチャレンジ! - ジャンル:グルメ

  1. 2006/03/16(木) 20:33:21|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蕪の糠漬け(結果) | ホーム | 糠床始動!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/762-3590ec3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。