西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本語は正しく使うべし!(2)

さて、前回の記事「日本語は正しく使うべし!(1)」においては、本来重く受け止めるべき犯罪に関する用語が軽いニュアンスの言葉に置き換えられ、罪悪感が薄められている事例を挙げてみた。しかし今度は根拠の無い間違った使われ方をして、日本の国益を損なっている言葉の事例を挙げたいと思う。

●強制連行
正しくは「徴用」と言う。よく韓国/北朝鮮の人々が「大日本帝国の悪行」としてことある毎に「強制連行」と口にするが、これは昭和13年(1938年)4月に大日本帝国議会において成立した「国家総動員法」に基づく「徴用」であり、当時の「国民の義務」であった。

当時の朝鮮半島は大日本帝国の一部であり、朝鮮人は大日本帝国の国民であったので、当然これに従わなければならなかった。もちろん、日本本土に居住する普通の日本人も当然この法律によって徴用された。朝鮮人風に言うとこれは「強制連行」になるようだが、青森県人が強制連行されたとか、鹿児島県人が強制連行されたとかいう話は聞いたことがない。私の祖母も徴用で鹿児島から長崎の海軍工廠に行って魚雷を作っていたが、強制連行されたのだろうか?(笑)。

また、国民の義務であった「徴用」を「強制連行」と言うならば、納税は「強制徴税」、就職は「強制労働」、教育は「強制教育」とでもなるのであろうか?(笑)。それに今でも徴兵が国民の義務である韓国や北朝鮮で、徴兵のことを何と言うのか聞いてみたいものである(笑)。

●従軍慰安婦
正しくは「売春婦」または「娼婦」と言う。実はあまり軍隊とは関係がない。よく韓国/北朝鮮の人々が「大日本帝国の悪行」としてことある毎に「従軍慰安婦」と口にするが、当時の朝鮮半島の庶民の暮らしは貧しく、ひとたび農作物が不作になると娘を女衒(ぜげん:売春宿へ娘を仲介するブローカー)に売って食いつなぐことが多々あった(当時売春は合法でした)。中には親や親戚に騙されて女衒に売られることもあったと言われている。

しかしこの状況は朝鮮半島だけではなく、日本本土でも同じであった。農村では、親に売られて売春婦(娼婦)にならざるを得ない娘が多かった。二・二六事件で決起した陸軍青年将校の多くが東北地方の農村出身だったのも、財閥が利益を貪る中、自分の身内の女性が貧しさに身を売る状況を憂えてのことだったとも言われている。娘が身を売る悲惨な状況は、朝鮮半島の専売特許ではないのである。

そして古今東西、軍隊があるところには必ず兵士を相手にする盛り場ができる。兵士は金払いがいい。わざわざ軍隊が無理矢理女性を連れてこなくても、商魂逞しい売春婦は集まってくる物なのだ。当然、当時、大日本帝国軍が展開していた地域でも兵士相手の飲み屋、売春宿ができていた。そこで売春婦達は商魂逞しく稼いだ。沢山稼げば借金を返して年季の明けが早くなるし、その後の稼ぎを自分の物に出来る。しかも軍では病気の蔓延を嫌うので、性病検査などもやってくれる。売春婦となった女性は頑張った。しかし大日本帝国の敗戦で稼ぎを全て失った。

数年前、当時「従軍慰安婦」だったと称する朝鮮人女性が、敗戦の混乱で下ろすことが出来なかった当時の郵便貯金の払い戻しを求めて裁判を起こしたことがある。その払い戻し要求金額は、現在の価値に換算して家が1件建つくらいの金額であった。売春を強要され、奴隷的に扱われ、搾取されていたはずの「従軍慰安婦」が、どうしてそんな莫大なお金を手にすることができたのか?よく考えると矛盾だらけなのである。

なお、現在「従軍慰安婦」と自称しているのは当時の朝鮮人売春婦のみである。当時の日本人売春婦が「従軍慰安婦」であると名乗るのを私は聞いたことがない。朝鮮人売春婦だけを「従軍慰安婦」と呼んで特別視するのも腑に落ちない。実に奇妙である。



このように、韓国/北朝鮮が言うほど、大日本帝国は悪いことはしていないのである!必要以上に自国を卑下し、韓国/北朝鮮に遠慮する必要はないのである。しかし、上記のように間違った言葉を恣意的に使って、日本人に対して根拠無き罪悪感を抱かせようとする人々がいる。

日本語は正しく使うべきである!

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/04/30(日) 02:11:46|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<サウスアイランド連合公国成立! | ホーム | 日本語は正しく使うべし!(1)>>

コメント

公爵様、おはようございます。
TB有難うございました。
日本語は正しく使うべし!シリーズは
いいですね。日本の国民も、殿下のように
歴史に学ぶべきだと深く感じました。
ところで、エシャロットの糠漬けはやはり
数日放置すると、結構美味しくいただけます。
では、またいろいろと楽しく教えてください。
  1. 2006/04/30(日) 10:10:17 |
  2. URL |
  3. dame&muda #qg05QxWw
  4. [ 編集]

dame&muda様
こちらこそ記事を取り上げていただいて恐縮です。
このシリーズ、これからも時々書くかもしれません。

>エシャロットの糠漬けはやはり数日放置すると、結構美味しくいただけます。
ほほう、そうですか。私も今度真似してみます。あと、昨夜、「半熟ゆで卵」2個、糠床に漬けました。現在、出先なので、帰ったら取り出して食べる予定です。
  1. 2006/04/30(日) 10:16:27 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/797-87985c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

先ずは正語から中枢の痴呆化を直せ

日本の近年の外交の拙さは、特に近隣アジア2つ半の国々(中韓北)と間に生じている。 その原因の一つは、お互いに正しい言葉を使わないことによる。 仏陀も八正道の一つとして、「正語」をあげられ、正しく話すためには嘘(うそ)をつかないこと、そしてこころにもないこと
  1. 2006/04/30(日) 09:26:54 |
  2. 駄目と無駄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。