西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

君主の称号変更について

Picture

皆様ご機嫌いかがでしょうか? 連合公国(サウスアイランド公国東ブログブルク公国西ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国ネイヴァルランド公国)を統べる公爵でございます。

この度、同君連合であった「連合公国」を「サウスアイランド連合公国」に統一するに当たり、君主である私の称号が変更となります。

今まで私は、連合公国各国の君主として以下の称号を保有しておりました。
・連合公国公爵
 His Highness The Duke of United Duchies

・サウスアイランド公爵
 His Highness The Duke of Southisland

・東ブログブルク公爵
 His Highness The Duke of East Blogburg

・西ブログブルク公爵
 His Highness The Duke of West Blogburg

・マングローブ公爵
 His Highness The Duke of Mangrove

・アラバ公爵
 His Highness The Duke of Araba

・ネイヴァルランド公爵
 His Highness The Duke of Navalland
そして公式称号は以下の通りでした。
日本語表記
連合公国公爵、サウスアイランド公爵、東ブログブルク公爵、西ブログブルク公爵、マングローブ公爵、アラバ公爵、ネイヴァルランド公爵、その他の領域の領主であるヒデ三世殿下

英語表記
His Most Glorious Highness Hide the Third, Duke of The United Duchies, Duke of Southisland, Duke of East Blogburg, Duke of West Blogburg, Duke of Mangrove, Duke of Araba, Duke of Navalland and Lord of His other Territories.
しかし今回、連合公国構成国をサウスアイランド公国を中心とするサウスアイランド連合公国に統一するに当たり、既存の称号は使用しないこととし、以下の称号のみ使用することと致しました。
・サウスアイランド連合公国公爵
 His Highness The Duke of The United Duchy of Southisland
そして公式称号は以下の通りとします。
日本語表記
サウスアイランド連合公国公爵ヒデ三世殿下

英語表記
His Most Glorious Highness Hide the Third, Duke of The United Duchy of Southisland.
なお、通称は「サウスアイランド公爵」とし、連合公国外で署名する際には「サウスアイランド公爵」、連合公国内で署名する場合には単に「公爵」と署名することとします。

また、連合公国内で私のことを呼ぶ時には、
・サウスアイランド連合公国公爵
・サウスアイランド公爵
・連合公国公爵
・公爵
の称号で呼び、「殿下」または「」の敬称を付けることとします。

以上、宜しくお願い致します。

2006年4月30日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -

テーマ:ブログ紹介 - ジャンル:ブログ

  1. 2006/04/30(日) 14:02:14|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<憲法改正と街宣右翼 | ホーム | サウスアイランド連合公国成立!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/799-321e99d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。