西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

献血(20060507)

前回、4月15日にトライしてNGだった献血。ゴールデンウィーク最終日の今日、日本赤十字社東京支部「新宿西口献血ルーム」で再びトライしてきました。問診、採血後、献血可能かどうかの判定を待ちました。結果は・・・。

OK!

やりました!前回の献血が2005年6月30日だったので、約1年ぶりの献血です。ゴールデンウィーク中、節制していたことが功を奏しました。いや~、健康っていいものですね。自分も幸せだし、献血によって人助けもできる。

ところで、海外旅行に行った後、帰国後4週間は献血できないって知っていますか?

日本赤十字社Webサイト よくあるご質問 献血
http://www.jrc.or.jp/qa/blood.html
A:渡航歴があると、献血はできないのですか?
Q:輸血を媒介して感染が危惧される疾患(ウイルス感染症等)によるリスクを軽減するため、海外からの帰国日(入国日)当日から4週間以内の方の献血は、すべてご遠慮いただいております。また、帰国後4週間以内に発熱などの症状があった方は、症状がなくなってから4週間は献血をご遠慮いただいています。
 血液を介して感染する原虫疾患のマラリアなどが流行している国・地域を旅行された方は帰国後1年間、長期に居住された方は帰国後3年間、マラリア原虫が血液中に残存している可能性があるため、献血をご遠慮いただいております。ただし、医師が感染の可能性はないと判断した場合であれば、献血が可能となる場合があります(1ヵ月以内の都市滞在等ですが、都市・リゾート地であっても、滞在期間に関わらずご遠慮いただく場所もあります)。
 また、近年、英国を中心に発生している変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)については、輸血による伝播に関して未知の部分が多い一方、牛海綿状脳症(BSE)との関連も強く指摘されていることから、
(1) 英国に昭和55年(1980年)から平成8年(1996年)までに1日(1泊)以上の滞在歴のある方は、安全が確認されるまでの間献血をご遠慮いただいております。
(2) 英国に平成9年(1997年)から平成16年(2004年)までに通算6か月以上の滞在(居住)歴のある方は、安全が確認されるまでの間献血をご遠慮いただいております。
(3) アイルランド・イタリア・オランダ・スペイン・ドイツ・フランス・ベルギー・ポルトガルに、昭和55年(1980年)から平成16年(2004年)までに通算6か月以上の滞在(居住)歴のある方は、安全が確認されるまでの間献血をご遠慮いただいています。(通算6か月の計算には(2)(4)の滞在(居住)歴も含みます。)
(4) スイスに、昭和55年(1980年)から今日までに通算6か月以上の滞在(居住)歴がある方は、安全が確認されるまでの間献血をご遠慮いただいています。(通算6か月の計算には(2)(3)の滞在(居住)歴も含みます。)
(5) オーストリア、ギリシャ、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ルクセンブルグに、昭和55年(1980年)から平成16年(2004年)までに通算5年以上の滞在(居住)歴のある方は、安全が確認されるまでの間献血をご遠慮いただいています。(通算5年の計算には(2)(3)(4)(6)の滞在(居住)歴も含みます。)
(6) アイスランド、アルバニア、アンドラ、クロアチア、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、セルビア・モンテネグロ、チェコ、バチカン、ハンガリー、ブルガリア、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア、マルタ、モナコ、ノルウェー、リヒテンシュタイン、ルーマニアに昭和55年(1980年)から今日までに通算5年以上の滞在(居住)歴がある方は、安全が確認されるまでの間献血をご遠慮いただいています。(通算5年の計算には(2)(3)(4)(5)の滞在(居住)歴も含みます。)
と言う訳で、ゴールデンウィーク明けは海外旅行帰りの人が多いため、献血の量が不足すると思われます。ですから、今の時期献血に協力すると喜ばれると思います。健康に自信のある方、是非献血にご協力を!

今回のALT値:55.6 IU/L(標準値:5~45 IU/L)
60 IU/Lを超えると献血は出来ないそうです。


日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/

<公爵の独り言>
この健康状態を維持するべく努力しようと思います。

テーマ:献血 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/05/07(日) 20:25:24|
  2. ノブレス・オブリージュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<デンマーク王配ヘンリク殿下は犬好き! | ホーム | カミラ夫人の長女が結婚>>

コメント

公爵様、おはようございます。
ついにまた公約を果たしましたね。
ノブレス・オブリージュ を有言実行できるとは、
さすが連合公告を統べる公爵殿下だと
うらやましく思いました。
私なんぞは血を見ると卒倒するでしょう。
では、節制と公務と遊興のバランスをとられ、
友好国日本の人助けもお願いいたします。
  1. 2006/05/10(水) 06:43:27 |
  2. URL |
  3. dame&muda #qg05QxWw
  4. [ 編集]

dame&muda様
このまま献血の出来る健康体を維持できればよいのですが・・・。頑張ってみます。
  1. 2006/05/12(金) 19:52:24 |
  2. URL |
  3. 公爵 #THD75GkM
  4. [ 編集]

青い血!

なお、今まで献血できなかったのは私の血が「青い血」だったからではありません(笑)。
  1. 2006/05/12(金) 19:52:56 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

「あー、おいち!」なんちゃって~! カクカクカク・・・
・・・って、これでは「激烈馬鹿」ですね(笑)
  1. 2006/05/12(金) 19:54:48 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/804-22b41fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。