西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デンマーク王配ヘンリク殿下は犬好き!

デンマーク女王マルグレーテ二世の王配(夫)であるヘンリク殿下は犬好きで知られ、デンマークのダックスフント協会の名誉会長を務めているそうですが、最近、そのヘンリク殿下が犬を食べることも好きであることが判明し、マスコミを騒がせています。

livedoor ニュース -朝鮮日報- 2006年05月04日08時04分
デンマーク女王の夫ヘンリク殿下「犬肉はおいしい」
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1917177/detail
「イヌの肉はウサギの肉よりおいしい」

 イギリスのタイムズ紙は3日、デンマーク女王マルグレーテ2世の夫であるヘンリク殿下(72)が、今月2日にデンマークの雑誌とのインタビューでイヌ肉を好むことを明かし、このように発言したと報道した。

 ヘンリク殿下はイヌ肉について「干した子ヤギや子ウシの肉に似ている。まだ乳離れしていない子ウシの肉の味がする」と詳細に説明した。ヘンリク殿下はまた、「私はイヌ肉を食べることについて良心が痛むことはない。食べるイヌ肉はトリ肉と同じように食用に飼育されたものだからだ」と語った。

 ヘンリク殿下は常にダックスフント犬を連れていることで知られ、デンマークのダックスフント協会の名誉会長も務めている。またかつて最愛のダックスフント「エビタ」に捧げる詩を発表したこともある。このため動物愛護家らからは「信じられない」と憤りの声が上がっている。一部からは1990年代に王室のダックスフントが一匹行方不明になったことについて「もしかして台所に消えたのではないか」との話まで出ている。
なお、このlivedoor ニュース(朝鮮日報)のソースとなっているのは以下の記事です。

Times Online May 03, 2006
The dog-lover Prince and a question of good taste
http://www.timesonline.co.uk/newspaper/0,,172-2162074,00.html
THE royal families of Europe have traditionally been dog lovers, pampering their corgis, labradors and wolfhounds. Prince Henrik of Denmark, however, loves dogs in a rather different way: delicately sliced, lightly fried and served on a plate.

“Dog meat tastes like rabbit,” he said in an interview published yesterday in the lifestyle magazine Ud & Se. “Like dried baby goat. Or perhaps ? I know! ? like veal. Like the veal of a baby suckling calf, only drier.”

But the culinary tastes of the 72-year-old Prince have caused concern on two counts. First, he is the husband of Queen Margrethe and, as Prince Consort, one of the official voices of Denmark, a country committed to ending animal cruelty. Secondly, he is honorary president of the Danish Dachshund Club.

The Prince is rarely seen without his dachshunds. They are the Scandinavian equivalent of the Balmoral corgis. In one interview he said that he would like to be reborn as a dachshund in the Danish Court. And he has advised parents “to bring up children like dogs”.

He has even written a poem dedicated to his favourite dachshund, Evita. It reads: “I love to stroke your fur/ And to see it fall smooth/ You dear dog, so special to me.”

Danes recall a tabloid-fuelled drama in the 1990s, when one of the royal dachshunds disappeared. Rewards were offered and citizens searched high and low. Could it be, Danes are daring to ask, that the dog got lost in the kitchens?

“In the light of the Prince Consort’s confessions, perhaps we should reopen the case of the disappearing dachshund,” Mats Jorgensen, an architect and cat owner, said.

“You have to make some allowances for the Prince,” Lasse Hansen, a dog lover who works in an EU embassy in Copenhagen, said. “He is French, and the French are capable of eating extraordinary things, like horses and snails.”

The Prince apparently developed an appetite for dog-bone stew and other canine delicacies at an early age. He grew up in Vietnam, where roast dog remains a speciality. “I’ve got no qualms about eating dog meat,” he said. “These dogs are bred to be eaten, just like chickens.”

The comments by the Prince confirmed to most Danes the impression that he was the Copenhagen version the Duke of Edinburgh. Neither the chain-smoking Queen of Denmark nor her husband has much regard for political correctness.

The prince is regarded as a colourful eccentric. He is an accomplished piano player, composes his own music, has published two volumes of poetry, sails competitively and paints.

But he is most passionate about food and dogs. Among the books he has translated into Danish is a compilation of recipes entitled It does not always have to be goose liver!
私は、様々な獣肉を食べるのは文化としてOKだと思います。犬でも猫でもウサギでも鯨でも、それぞれ歴史とその時代背景があって食べるようになったと思うので、否定はしません。しかし、デンマークダックスフント協会の名誉会長の立場にある人が犬を食べてしまうのはどうかなぁと思います。もう少しお立場を考えて行動と発言をなさった方が良いのではないかと思います。

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/05/07(日) 22:12:04|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<連合公国アクセス状況(6) | ホーム | 献血(20060507)>>

コメント

はじめまして

公爵さん、はじめまして。
JOBLOG(ジョブログ)事務局の高橋と申します。
初めての書き込み失礼いたします。

今回は公爵さんのブログに、ぜひJOBLOGに
参加していただきたくコメントさせていただきました。

JOBLOGは、ブログから企業の求人情報を発信し
ブロガーさんには掲載していただくだけで報酬を
お支払いする、というシステムです。
ブログが人材と企業を結ぶ架け橋になる
今までにはないタイプの求人情報メディアです。

誠に勝手ではございますが、ご参加いただければ幸いです。
もしご興味がございましたら、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.joblog.jp/blogger/

突然の書き込み、大変申し訳ございません。
お邪魔でしたら削除していただければと思います。

どうぞよろしくお願いします!
  1. 2006/05/09(火) 12:37:50 |
  2. URL |
  3. JOBLOG(ジョブログ)事務局 高橋 #-
  4. [ 編集]

JOBLOG(ジョブログ)事務局 高橋 様
初めまして。我が連合公国へようこそ。
せっかくのお誘いでございますが、我が連合公国の趣旨とは合わない企画
のようでございますので、辞退させて頂きます。悪しからず。
  1. 2006/05/09(火) 21:59:37 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/805-c26553ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2006/05/07(日) 22:16:40 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。