西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大根ときゅうりの糠漬け

昨夜、スーパーで大根ときゅうりを買ってきて糠漬けにしました。大根は縦に二等分、横に二等分に切って漬けました。きゅうりはそのまま漬けました。

夕方になってから、夕食用に大根1個(1/4)ときゅうり1本を取り出しました。きゅうりは一口大にスライス。大根は、半分は一口大にスライスして、半分は大根おろしにしました。

食べてみた感想ですが、きゅうりはやや漬かり過ぎ。やはり夜漬けたら翌朝食べるのがちょうど良いみたいですね。大根はいい感じの漬かり具合で、程よい甘みもあり、ご飯が進みました。

糠漬け大根の大根おろしは、最初は醤油を掛けずにそのまま賞味。やや辛味がありましたが、大根おろしの汁に微妙に甘みがあり、いい感じでした。そしてその後、醤油を少し垂らしてみると、実にいい味わいでびっくり! 飲食店などで、普通の大根おろしの代わりにこれを出されたら驚くと思いますね。

(以下妄想)

「む! 主! これはただの大根おろしではないな!」
「辛味の中に程よい甘みと旨みがある!」
「・・・」
「この海原雄山の舌を試そうというのか?!」
「小癪な・・・」
「・・・」
「わかったぞ! これは糠漬けにした大根の大根おろしだ!」
「大根おろし一つにここまで手間を掛けるとは、見上げた心意気だ!」
「こんど暇があったら、美食倶楽部に来るがよい!」
「うわっはっはっはっは!」

・・・失礼しました。とにかく実にいい味でした。お勧めです。

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/05/21(日) 18:41:50|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<腕時計の衣替え(2006年夏) | ホーム | 三社祭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/817-925f0370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。