西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイ国王在位60周年

タイ王国のプミポン・アドゥンヤデート(ラーマ9世)国王陛下は今年即位60周年を迎えられました。現存する君主としては最長の在位期間となります。タイ王国では6月8日から在位60周年を祝う記念式典が始まり、我が日本の天皇皇后両陛下を始め、世界25ヶ国の王室・皇室関係者が招待され、参列しております。

これについて、関係するニュースをいくつかご紹介致します。

Yahoo!ニュース 6月9日(金)8時3分
【タイ】王宮で記念式典始まる、国王即位60周年
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060609-00000010-nna-int
 プミポン国王即位60周年の記念式典が8日、本格的に始まった。12日の最大イベント、御座船行列(ロイヤルバージ)には、天皇、皇后両陛下を含め25カ国の王室・皇室関係者が出席する。政府は即位日の9日から13日を5連休とし、国民の参加を呼び掛ける一方、交通規制や警備体制を強化している。

 国王とシリキット王妃ら王族は8日午後5時、王宮内のアマリン・ウィニッチャイ・ホールで仏教式典に出席した。国王と王妃は線香やろうそくに火をともし、国王が僧侶26人に袈裟(けさ)やうちわなどを寄進。現チャクリー王朝の歴代国王への敬意を示した。

 9日は午前10時から王宮近くの旧国会議事堂(アナンタ・サマコム・スローン・ホール)で仏教式典が行われ、国王が国民に対し演説する予定。夕方は王宮前広場でろうそく点火式典が開かれ、盛大に花火が打ち上げられる。御座船行列は12日午後5時半からチャオプラヤー川で行われ、52隻が華麗なパレードを披露。13日夜には国王と国賓の晩さん会が開かれる。

 プミポン国王は1927年に米国で生まれ、チャクリー王朝9代目の国王(ラマ9世)として1946年に即位。在位期間は歴代国王で最も長く、存命中の世界の君主の中でも最長。50年代初頭に王室プロジェクトを開始、地方の農村振興などに取り組み、国民の敬意と信望を集めている。50年にシリキット王妃と結婚し、ワチラロンコン皇太子ら1男3女をもうけた。

■両陛下も11日来タイ

 記念式典に招待された王室・皇室関係者も続々と来タイしている。7日には英国のアンドリュー王子(ヨーク公爵)が最初の国賓として到着した。天皇、皇后両陛下も11日午後に到着され、15日まで滞在される予定。スペイン、スウェーデン、クウェート、モロッコ、マレーシアなど25カ国から国賓が来タイし、御座船行列や晩さん会に出席する。

 天皇・皇后両陛下の公式訪問は1964年に続いて2回目となる。来タイに先立ち、シンガポール、マレーシア訪問のため、東京を8日に出発された。シンガポールには8~10日、マレーシアには10~11日に滞在される予定。タイでは記念式典の後、中部アユタヤ県のワット・マハタート遺跡などを見学される。

■交通規制、警備を強化

 記念式典の円滑な進行と警備強化のため、交通警察は8~13日にバンコク都内の道路で大規模な交通規制を実施している。王宮周辺を中心に駐車禁止や通行止めの措置を取り、10輪以上の大型車両は原則的に都内の乗り入れ禁止。国賓が宿泊されるホテルや空港、記念式典の会場周辺では厳重な警戒体制が敷かれている。

 タイ航空は7日、バンコク国際空港(ドンムアン空港)の国際・国内線を9~15日に利用する乗客に対し、離陸時間の4時間前に都心部を出発して空港に向かうよう求める声明を発表した。警備体制の強化や空港付近の交通規制などで、自動車の所要時間が通常の2倍以上かかる可能性があるとみて注意を呼び掛けている。
Yahoo!ニュース 6月9日(金)13時1分
タイ国王即位から60年=世界最長、祝賀ムード一色
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060609-00000063-jij-int
 【バンコク9日時事】タイのプミポン国王(78)は9日、国王に即位してから60周年を迎えた。在位期間は、英国のエリザベス女王らを上回り、世界の現役君主の中で最長。国王はこの日午前、バンコク市内の旧国会議事堂(アナンタ・サマーコム宮殿)で、仏教儀式などを行った。同議事堂周辺には約20万人が集まり、国旗などを振って国王を祝った。同日夜には王宮前広場に多くの国民が集まり、ろうそくに灯をともして祝う予定で、タイは祝賀ムードに包まれている。
Yahoo!ニュース 6月9日(金)18時28分
タイ国王が在位60年 世界最長、国は祝賀ムード
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060609-00000200-kyodo-int
 【バンコク9日共同】タイのプミポン国王(78)が9日、在位60周年を迎え、バンコクの旧国会議事堂で慶祝式典が行われた。在位中の各国王族、皇族の中で最長の在位期間。数十万人が各地から式典に集まり、同国は祝賀ムードに包まれている。
 12、13両日には世界25カ国から王族、皇族を招いて祝賀行事を開催。日本から天皇、皇后両陛下が出席される。
 プミポン国王は式典で「皆の祝福に感謝する。結束した国民の姿を見ることができ、感動している」と語った。これに先立ち、タクシン首相が「60年の在位中、タイは国王の英知と献身によって発展することができた」と祝辞を述べた。
 国王は1946年、兄王ラマ8世の死去で王位を継承。農村振興や福祉事業など多くの王室プロジェクトを実施し、国民の敬愛を集めている。
Yahoo!ニュース 6月9日(金)19時58分
<タイ国王>即位60年周年を迎え祝賀行事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060609-00000105-mai-int
 【バンコク浦松丈二】タイのプミポン国王(78)が9日、即位60周年を迎えた。タイ王朝史上も、世界の現役君主としても最長の在位期間。一連の祝賀行事には、11日からタイを訪問する天皇、皇后両陛下を含め世界25カ国の王族・皇族が臨席し、親善交流が繰り広げられる。
 バンコクのアナンタ・サマコム宮殿前広場には9日、市民50万人以上が集まり、王室旗を振って国王を祝福した。プミポン国王は宮殿バルコニーから「みなの純粋な好意の表現に接し、圧倒されている」と述べ、市民をねぎらった。
 12日にはチャオプラヤ川できらびやかに飾られた52隻の船団が王朝絵巻を演出するパレードが行われ、各国王族らが鑑賞する。
 プミポン国王は兄ラマ8世の死去に伴い18歳で即位。農地改良などを通じて国民生活の向上に尽力し、政治危機でも指導力を発揮してきた。
 タクシン首相に対する辞任要求運動が高まった2月以来の政治混乱でも、4月末の国王訓示を機に裁判所が総選挙やり直しを決定し、正常化に向けた取り組みが動き出した。だが、やり直し選挙の主導権争いで裁判所と選管が対立、選挙不正を巡り与野党が告発合戦を繰り広げ、混乱収拾の見通しはつかないままだ。
 祝賀行事の間、政治対立は「小休止」の状態だ。しかし、退任表明しながら公務に復帰したタクシン首相の「復権」を警戒して市民団体はデモを再開する構えも見せている。祝賀行事が一段落する来週後半から裁判所を中心に正常化に向けた動きが再開するが、政治対立が再燃して混乱が長引けば国王の威厳が傷つく可能性もある。
Yahoo!ニュース 6月9日(金)20時55分
タイのプミポン国王が即位60周年、在位は世界最長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060609-00000113-yom-int
 【バンコク=林田裕章】タイのプミポン国王は9日、即位60周年を迎えた。在位期間は世界の君主の中で最長となる。

 バンコクの王室広場前は約50万人(バンコク・ポスト紙)の市民で埋め尽くされ、タイ国旗の波の中、「国王万歳」の歓声が続いた。

 アナンダ・サムコム宮殿(旧国会議事堂)のバルコニーに姿を見せたプミポン国王は、「大いなる祝福に感謝したい。みんなの善意と団結の心が、改めて私に強い意志をもたらしてくれた。国民の愛と協調があれば、この国は困難に遭っても繁栄する。愛と協調の精神をはぐくみ、明日の世代に引き継いでもらいたい。そうすればタイは平和であり続けるだろう」と述べた。
Yahoo!ニュース 6月9日(金)23時1分
ろうそくともし国王祝福=即位60周年、王宮前広場で-タイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060609-00000161-jij-int
 【バンコク9日時事】タイのプミポン国王(78)の即位60周年を祝い、首都バンコクの王宮前広場では9日夜、ろうそく点灯式などが行われた。式典には多くの国民が参加。ろうそくに火をともし、現役君主としては世界最長となる国王在位を祝った。
 王宮前広場には、国王が誕生した月曜日の色である黄色の服を着た人が次々に集結。タクシン首相が巨大な黄色のろうそくに点火すると、広場を埋めた人々も手にしたろうそくに明かりをともした。バンコク市内の公園などでも、同様の点灯式が同時に行われた。
Yahoo!ニュース 6月10日(土)3時19分
プミポン国王在位60年 タイ国民25万人祝福
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060610-00000003-san-int
 【バンコク=岩田智雄】タイのプミポン国王(78)は9日、在位60年を迎え、バンコクの旧国会議事堂(アナンタ・サマーコム宮殿)のバルコニーから国民に向けて演説を行った。
 大衆の前でプミポン国王が直接演説をする機会はまれであり、国王に敬意を示す黄色いシャツに身を包んだ約25万人の市民がバルコニー前に集まった。
 プミポン国王が「国家の繁栄のためには、すべての国民が一致団結することが基礎となる」と述べ、立ち上がって王妃とともに手を振ると、市民から「国王に長寿あれ」と声があがり、感動して涙をふく姿もみられた。
 タイでは13日までの間、25カ国の国王や王室、皇室関係者を迎えての記念式典や、華やかな御座船行列が行われ、祝賀ムードに包まれる。
 プミポン国王は1927年12月に米国で生まれ、46年6月、兄の前国王の急死を受けて、18歳でチャクリ王朝第9代国王(ラマ9世)に即位した。君主としては現在、世界最長の在位期間を誇っており、国民から深い敬愛を集めている。
Yahoo!ニュース 6月11日(日)17時1分
両陛下、タイに到着=12日、国王慶祝儀式に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060611-00000045-jij-int
 【バンコク11日時事】東南アジア訪問中の天皇、皇后両陛下は11日午後、政府専用機で最後の訪問国となるタイのドンムアン空港に到着された。
 ワチラロンコン皇太子から歓迎のあいさつを受けた後、宿舎となるバンコク市内のホテルへ。日本人学校の子供たちが日の丸の小旗を振って出迎えた。
 両陛下は12日、タイ国王の慶祝儀式のほか、王室船のパレードを鑑賞。13日以降はチュラロンコン大学訪問、古都アユタヤの遺跡見学などが予定されている。
Yahoo!ニュース 6月12日(月)19時39分
<タイ>国王即位60周年の記念式典が開幕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060612-00000102-mai-int
 タイのプミポン国王(78)の即位60周年を祝う記念式典が12日、世界25カ国の王室・皇室を招きバンコクで開幕した。1946年6月、兄の急死に伴い「ラマ9世」として即位したプミポン国王は、13世紀以降のタイの王朝史上、最長の在位期間を務めており、歴代国王の中でも特に国民の深い敬愛を集めている。
Yahoo!ニュース 6月12日(月)21時48分
タイ国王即位60周年を祝い、王室船52隻がパレード
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060612-00000214-yom-int
 【バンコク=太田誠】タイのプミポン・アドンヤデート国王(78)の即位60周年を祝う王室御座船パレードが12日夕、バンコク市内を流れるチャオプラヤ川で行われ、一連の祝賀行事はクライマックスを迎えた。

 14世紀のアユタヤ朝初期に起源を持つとされるパレードでは、神々や動物をかたどった船首を持つものなど王室の船52隻が、バンコクのアナンダ・サマコム宮殿近くからワット・アルン(暁の寺)付近まで、約4キロを約40分かけて進んだ。プミポン国王や天皇・皇后両陛下ら来賓が左岸から観覧する中、伝統装束に身を包んだ約2100人の海軍兵士が、一糸乱れぬ櫂(かい)さばきを披露した。

 これに先立ち、アナンダ・サマコム宮殿で祝賀式典が行われた。両陛下を含む25か国の王族らから、即位60周年の祝福を受けたプミポン国王は、「長年に渡って私の活動に協力し支えてくれた人々に感謝したい」と述べた。
なんだか凄く盛り上がっていますね。私も遠く日本から、プミポン・アドゥンヤデート国王陛下のご健康と、タイ王国の益々のご発展を祈っております。

外務省ホームページ 各国・地域情勢 タイ王国
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/thailand/index.html

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/06/13(火) 01:16:37|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<大根の糠漬け | ホーム | 日中記者交換協定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/841-8911f4e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2006/06/13(火) 02:06:30 |

TG(タイ航空)のひどさについて

マレーシアでも、どの旅行代理店に行ってもTG(タイ航空)を勧められる。TGはいつ行ってもなぜか「プロモーション中」だそうで、他社に比べてかなり安い。代理店(最近はインド系の代理店をよく使う)のTGの勧め方もかな
  1. 2006/12/19(火) 13:58:18 |
  2. マラッカ航海日誌補遺

タイ国王、天皇を迎えず!【国王戴冠60年式典:朝貢外交以下】

「朝貢外交」というのは、「中華」の側からいえば、「辺境の地からこの世界の中心の都へよくやってきた」といって野蛮人の王たちを手厚くもてなすことにより、「天子の徳」をあまねく天下に知らしめるというものである。この観
  1. 2006/12/25(月) 15:31:01 |
  2. マラッカ航海日誌補遺
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。