西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

糠漬けフルコース(笑)

昨夜漬けた糠漬けを今日の夜食に食べました。本当は今日の朝食べる予定だったのですが、朝、時間がなかったので・・・。今宵の糠漬けのラインナップは以下の通り。

きゅうり
長芋
・茗荷
・らっきょう(←これは6月4日に漬けた物)


糠漬けのフルコースと言った感じです(笑)。

さて、丸1日漬けた糠漬けを食べてみた感想ですが、きゅうりは予想通りやや漬かり過ぎ。長芋はちょうど良い位。茗荷はまだまだ薄味。らっきょうは6月4日に漬けた物ですが、なかなか良い味わいです。

先程、糠床から野菜を取り出して糠床をかき混ぜた後、足し糠と生米を投入しました。夜中にもう一度かき混ぜる予定です。

<公爵の独り言>
王侯貴族の話題をメインに扱うブログなのに、最近は糠味噌臭い話題ばかりですね(笑)。

テーマ:我が家の晩御飯 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/06/15(木) 20:24:39|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<左警戒右見張れ! | ホーム | 長芋・きゅうり・茗荷>>

コメント

公爵様今晩は。
さすが王侯貴族は平民と異なり、糠漬けもフルコースで食されるのですね。
茗荷の糠漬けはやってみましたが、らっきょうはまだ試しておりません。
日曜日あたりにらっきょうを探してやってみます。
ところで殿下の最近の力作にただ驚嘆するばかりです。
必ずしも体調が万全ではない天皇、皇后両陛下が東南アジアをご訪問されたのも、ノブレス・オブリージュと言うものの一例でしょうが、公爵様が自ら夜中に糠床をかき混ぜながら、友好国の日本国民に、「日中記者交換協定」や「無防備都市宣言」などという胡乱なものに対する警戒をお書きになられるのも、やはり王国貴族ならではの倫理規範と考え感謝しております。
これからも殿下と糠床に幸多かれと祈念します。
  1. 2006/06/15(木) 23:41:55 |
  2. URL |
  3. dame&muda #qg05QxWw
  4. [ 編集]

dame&muda様
>さすが王侯貴族は平民と異なり、糠漬けもフルコースで食されるのですね。
その通りじゃ!うわっはっはっは!(←一杯やってハイになっています)

>らっきょうはまだ試しておりません。
らっきょうの糠漬け、なかなか美味しいのですが、糠床にらっきょうのニオイが付いてしまうので好き嫌いが分かれると思います。一度糠床を分けて、少量で試してみることをお勧めします。

>天皇、皇后両陛下が東南アジアをご訪問
ここ数年、両陛下とも精力的に海外および国内にお出ましになられていますね。特に今回のタイ王国訪問は、昔から親交のあるプミポン国王の在位60周年記念式典への招待だったので、感慨深いのではないでしょうか。今上陛下とタイ王国には、以下ののようなエピソードがあります。

日本のチャオ・ファー・チャイ(皇太子)が持ってきてくれた「仁魚」
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h9/jog012.htm
---------------------------------------------------------------
 今上陛下は皇太子時代、昭和39年に訪問されたタイで、山奥の苗(ビョウ)族のタンパク質不足の問題をタイ国王からお聞きになり、魚類学者としてのご研究から、飼育の容易なティラピアという魚50尾を国王に贈られた。

 この魚はタイ国内でさかんに養殖され、国民の栄養状態改善に貢献するばかりでなく、1973年にはバングラデシュへの食料支援として50万尾も贈られたという。

 陛下の仁慈は、タイの人々を助けたばかりでなく、さらにタイ国民がバングラデシュ国民を助けるという善意を生み出したと言える。

 ある日本人は、魚市場でタイ人から、「この魚は、日本のチャオ・ファー・チャイ(皇太子)が持ってきてくれたんだ」と聞かされたそうである。

 この魚の漢字名は「仁魚」という。華僑系市民がこの話に感動して、陛下のお名前(明仁)をとって命名した由である。
---------------------------------------------------------------

>公爵様が自ら夜中に糠床をかき混ぜながら
日本の天皇陛下が自ら田に稲を植え、皇后陛下が蚕に桑の葉を与えるのと同じとお考え下さい(笑)。

>胡乱なものに対する警戒をお書きになられるのも
近いうちに、「特別永住資格」についても記事を書いてみようと思っています。

>これからも殿下と糠床に幸多かれと祈念します。
ありがとうございます。私もdame&muda様と糠床の健康を祈っております。
  1. 2006/06/16(金) 00:05:03 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

公爵様こんばんは。

>陛下の仁慈は、タイの人々を助けたばかりでなく、さらにタイ国民がバングラデシュ国民を助けるという善意を生み出したと言える。

そうでしたか、平民は学が無いのでまったく知りませんでした。
むしろ国民の知らないところで、真の友好を作ってくださるのが日本国の皇室のあり方ところですね。(友好友好と怒鳴るどこかの国と異なり)

ところで今日らっきょうを仕入れましたので、やってみます。
大蒜より臭うでしょうかね。(笑)
  1. 2006/06/16(金) 20:59:27 |
  2. URL |
  3. dame&muda #qg05QxWw
  4. [ 編集]

公爵様
上の書き込みの、「皇室のあり方」は
「皇室のありがたい」の入力ミスです。
謹んで不敬をお詫びいたします。
失礼いたしました。
  1. 2006/06/17(土) 23:28:15 |
  2. URL |
  3. dame&muda #qg05QxWw
  4. [ 編集]

dame&muda様
まぁ、お気になさらずに・・・。
  1. 2006/06/17(土) 23:37:09 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/844-6fa95fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。