西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

左警戒右見張れ!

大日本帝国海軍には「左警戒右見張れ!」と言う標語があります。これは一方だけを注目することなく、全体を見よと言うことです。

どういうことかと言いますと、例えば艦の左舷方向に敵艦を発見した場合、全員がそこに注目してしまうと、右舷から接近した敵艦に気付かず、対応が遅れて撃沈される可能性があります。また、艦の上空に敵航空機が飛来し、対空見張りおよび対空戦闘にのみ注力してしまうと、海上の見張りがおろそかになり、忍び寄った敵潜水艦の餌食にされる可能性があります。

一方に注目が集まる時こそ、全体に注意を払えと言うことです。

手品などでも、あからさまにある部分に注目を集めておいて、別の部分で仕込みをします。また、政治の世界でも、ある問題に注目を集めておいて、その裏で国民に重大な影響のある法案を可決していたりします。この記事を書いている2006年6月17日も、サッカーワールドカップ2006ドイツ大会に注目が集まる一方、北朝鮮による弾道ミサイル「テポドン2」の発射兆候ありというニュースが流れております。

一方が注目されている時こそ、逆の方向も確認する。一方に偏ることなく、全体を俯瞰する。帝国海軍の偉大な先人が遺してくれた言葉を大切にしたいと思います。

<公爵の独り言>
ネイヴァルランド公国に掲載した記事ですが、良い言葉なので転載しました。
左翼に警戒しつつ右翼を見張れという意味ではありません(笑)。

テーマ:歴史 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/06/17(土) 16:54:44|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<欧州王侯貴族の情報サイト | ホーム | 糠漬けフルコース(笑)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/845-1a5a7318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左警戒右見張れ!

帝国海軍には「左警戒右見張れ!」と言う標語があります。これは一方だけを注目することなく、全体を見よと言うことです。 どういうことかと言いますと、例えば艦の左舷方向に敵艦を発見した場合、全員がそこに注目してしまうと、右舷から接近した敵艦に気付かず、対応が遅
  1. 2006/06/17(土) 16:56:30 |
  2. ネイヴァルランド公国

誰か教えてくれ

国民は無知文盲で世間に疎いのでよく分からんことがたくさんある。しかも日々の生活が忙しく、深く考える暇も無いから後の祭りだと思うこともしばしばだ。仮に前に気がついたところで、国民の数は少なく無力であるから何も出来ない。だからどうでもいいと言えばいいのであ
  1. 2006/06/18(日) 11:16:01 |
  2. 駄目と無駄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。