西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北朝鮮ミサイル発射!

本日7月5日未明、北朝鮮がミサイルを6発発射。いずれも日本海に落下した。6発のミサイルの中には、北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン2」も含まれていたと言われている。そして北朝鮮は7月5日夕方、7発目のミサイルを発射した。

北朝鮮は2002年(平成14年)9月17日に発表した「日朝平壌宣言」において、ミサイル発射モラトリアムを宣言していた。参考のため、外務省Webサイトから日朝平壌宣言の本文を引用する。

外務省Webサイト 日朝平壌宣言
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_koi/n_korea_02/sengen.html
 小泉純一郎日本国総理大臣と金正日朝鮮民主主義人民共和国国防委員長は、2002年9月17日、平壌で出会い会談を行った。
 両首脳は、日朝間の不幸な過去を清算し、懸案事項を解決し、実りある政治、経済、文化的関係を樹立することが、双方の基本利益に合致するとともに、地域の平和と安定に大きく寄与するものとなるとの共通の認識を確認した。

1.双方は、この宣言に示された精神及び基本原則に従い、国交正常化を早期に実現させるため、あらゆる努力を傾注することとし、そのために2002年10月中に日朝国交正常化交渉を再開することとした。
 双方は、相互の信頼関係に基づき、国交正常化の実現に至る過程においても、日朝間に存在する諸問題に誠意をもって取り組む強い決意を表明した。

2.日本側は、過去の植民地支配によって、朝鮮の人々に多大の損害と苦痛を与えたという歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明した。
 双方は、日本側が朝鮮民主主義人民共和国側に対して、国交正常化の後、双方が適切と考える期間にわたり、無償資金協力、低金利の長期借款供与及び国際機関を通じた人道主義的支援等の経済協力を実施し、また、民間経済活動を支援する見地から国際協力銀行等による融資、信用供与等が実施されることが、この宣言の精神に合致するとの基本認識の下、国交正常化交渉において、経済協力の具体的な規模と内容を誠実に協議することとした。
 双方は、国交正常化を実現するにあたっては、1945年8月15日以前に生じた事由に基づく両国及びその国民のすべての財産及び請求権を相互に放棄するとの基本原則に従い、国交正常化交渉においてこれを具体的に協議することとした。
 双方は、在日朝鮮人の地位に関する問題及び文化財の問題については、国交正常化交渉において誠実に協議することとした。

3.双方は、国際法を遵守し、互いの安全を脅かす行動をとらないことを確認した。また、日本国民の生命と安全にかかわる懸案問題については、朝鮮民主主義人民共和国側は、日朝が不正常な関係にある中で生じたこのような遺憾な問題が今後再び生じることがないよう適切な措置をとることを確認した。

4.双方は、北東アジア地域の平和と安定を維持、強化するため、互いに協力していくことを確認した。
 双方は、この地域の関係各国の間に、相互の信頼に基づく協力関係が構築されることの重要性を確認するとともに、この地域の関係国間の関係が正常化されるにつれ、地域の信頼醸成を図るための枠組みを整備していくことが重要であるとの認識を一にした。
 双方は、朝鮮半島の核問題の包括的な解決のため、関連するすべての国際的合意を遵守することを確認した。また、双方は、核問題及びミサイル問題を含む安全保障上の諸問題に関し、関係諸国間の対話を促進し、問題解決を図ることの必要性を確認した。
 朝鮮民主主義人民共和国側は、この宣言の精神に従い、ミサイル発射のモラトリアムを2003年以降も更に延長していく意向を表明した。

 双方は、安全保障にかかわる問題について協議を行っていくこととした。
しかし北朝鮮は昨年頃「シルクワーム」と呼ばれる「短距離地対艦ミサイル」を発射した。普通ならばこれだけでも日朝平壌宣言違反であるが、日朝平壌宣言で言うところのミサイルとは、長距離または中距離射程の弾道ミサイルのことであり、短距離射程の対艦ミサイルは対象外なのだろうと、当時はうやむやになった記憶がある。しかし今回は「長距離弾道ミサイル」である「テポドン2」を発射している。これは日朝平壌宣言違反であることは明らかであり、国家間の約束事を反故にした重大な問題である。

今の状態は、いつ戦争が起きていてもおかしくない状況である。日本政府には、国民の生命と財産を守るために必要な措置を迅速に行って頂きたいと思う。そして国民は、政府および与野党議員の言動をしっかりとチェックし、次回の選挙に反映するべきであると思う。

テーマ:北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/07/05(水) 20:09:17|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<中国は六ヶ国協議の議長国 | ホーム | ソーセージの糠漬け>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/863-c6dcb860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2006/07/05(水) 22:31:02 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。