西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新御料車お披露目

天皇皇后両陛下の新御料車「センチュリーロイヤル」が昨日7月7日、納入されたそうです。

Yahoo!ニュース 7月7日(金)10時42分 -共同通信-
新御料車お披露目 デビューは8月15日に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060707-00000045-kyodo-soci
 国会開会式や国賓の送迎など皇室の重要行事に使われ、天皇、皇后両陛下の「足」となる新たな「御料車(ごりょうしゃ)」センチュリーロイヤル(トヨタ自動車)1台が宮内庁に納入され、7日、皇居内で披露された。デビューは8月15日の全国戦没者追悼式となる予定。
 全長約6メートル、幅約2メートル、車高約1・8メートルで、8人乗りのリムジン。和紙や天然木、座席のウールなど車内に天然素材がふんだんに使われている。低燃費、低公害を実現したという。
 これまで活躍してきた旧御料車のプリンスロイヤル5台は3-4年で順次入れ替え、今回納入された車も含め計4台の新御料車を購入する。
センチュリーはトヨタの最高級車種で、後席の居住性が重視されたショーファードリブンカー(運転手が運転し、オーナーは後席に座る車)です。価格は1,113万円(センチュリーロイヤルの価格は5,250万円)。

トヨタ自動車 センチュリー
http://toyota.jp/century/index.html

私も以前、センチュリーの後席に乗ったことがありますが、確かに乗り心地が良く、その価格に納得した記憶があります(お台場にあるトヨタのショールームで乗りましたw)。

センチュリーの凄いところは、その安全性です。センチュリーに搭載されているV型12気筒エンジンのエンジン制御システムは二重化されており、片側6気筒が故障しても走り続けることが出来るようになっています。そしてエンジンに燃料を供給するフューエルポンプも二重化されており、エンジンを始動させる度に切り替えられ、片方のフューエルポンプが故障しても、もう片方の正常なフューエルポンプで燃料を供給出来るようになっています。このようなセンチュリーの御料車バージョン「センチュリーロイヤル」。きっと天皇皇后両陛下の良き足となってくれることでしょう。

なお、今まで使ってきた御料車「プリンスロイヤル」は、これから「センチュリーロイヤル」と交代されて引退となりますが、デビューから30年近く使用され、老朽化のため製造メーカーの日産から使用を控えるように言われていたそうです。皇室の物持ちの良さには驚きです。「プリンスロイヤル」・・・今までご苦労様でした。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/07/08(土) 13:10:08|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<御料車の写真 | ホーム | 神奈川行幸(予定)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/870-89aabd60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

皇室へ納入されたセンチュリーロイヤル

今月7日に御料車として納入されたトヨタのリムジン車「センチュリーロイヤル」を記念して今回掲載するのは、センチュリーV45です。東京ではセンチュリーは結構見ますが、地方ではなかなか見ることがありません。御料車になったせいかセンチュリーの煙草入れもなかなか入
  1. 2006/07/08(土) 13:43:23 |
  2. 煙草入れとブリキの自動車とコレクション

天皇陛下の新御料車「センチュリーロイヤル」を斬る!

いつも当ブログをご覧の皆様、ご愛読ありがとうございます。 実は昨日、当ブログに異変が起きました。 いつもは50-100前後で推移する訪問者数が、なんと2,081! ページビュー数も2,396! (今回の数字は先月中旬に導入した「Google Analycs」より、オイラって解析オタク?
  1. 2006/07/09(日) 20:41:52 |
  2. この際、言いたい放題=別冊版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。