西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カルマル同盟

カルマル同盟とは、北欧のデンマーク王国、ノルウェー王国、スウェーデン王国の3王国で構成された国家連合(同君連合)です。1397年にデンマーク王母マルグレーテ(マルグレーテ一世)によって、デンマーク王国を盟主として締結されました。現在のスウェーデン王国のカルマルで締結されたので、カルマル同盟と呼ばれています。

カルマル同盟はバルト海、北海を支配して北欧の超大国として繁栄しましたが、その繁栄は長くは続きませんでした。カルマル同盟は、実質的にはデンマーク王国がノルウェー王国、スウェーデン王国を同君連合という形で支配するものでした。そのため、スウェーデン王国ではカルマル同盟締結当初からデンマーク王国に対して独立を求める反乱が起こっていました。そして1520年にはデンマーク国王クリスチャン二世がスウェーデン独立派の有力者数百名を虐殺するという事態に発展しました(ストックホルムの血浴)。これにより同盟関係は破綻し、スウェーデン貴族グスタフ・ヴァーサが蜂起して独立戦争が勃発。1523年にスウェーデン王国は独立し、カルマル同盟から離脱。グスタフ・ヴァーサはスウェーデン国王グスタフ一世となりました。

このように北欧3王国の同君連合は126年間で終了しましたが、カルマル同盟はまだ続きます。カルマル同盟からスウェーデン王国が離脱した後、デンマーク王国はノルウェー王国の支配を強化し、カルマル同盟はデンマーク王国とノルウェー王国の同君連合(デンマーク=ノルウェー二重王国)という形で存続し続けました。しかしデンマーク=ノルウェー二重王国はナポレオン戦争の敗戦国となり、1814年、キール条約によってデンマーク=ノルウェー二重王国はノルウェー王国をスウェーデン王国に割譲。スウェーデン王国とノルウェー王国の同君連合(スウェーデン=ノルウェー二重王国)が構成され、これにより417年間続いたカルマル同盟は完全に消滅しました。

なお、スウェーデン王国とノルウェー王国の同君連合(スウェーデン=ノルウェー二重王国)は1905年に解消され、ノルウェー王国はデンマーク王国からホーコン王子を国王として迎え、新憲法のもと立憲君主制の新生ノルウェー王国を樹立しました。

<公爵の独り言>
デンマーク王国って凄い強国だったんですね。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/07/23(日) 08:43:01|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ペチコート同盟 | ホーム | 海賊(私掠船)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/888-97e610e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。