西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我が名は松平重門?

先日、以下のようなメールが私に届きました。
お初にお目にかかる、手前、徳川一門旧会津松平、松平樹良と申し上げます。御貴殿の霞会、徳川家及び松平家の事などブログに掲載されている事、うれしく思います。御貴殿に新名を進呈するとともに
官位を授ける。上位そなたに松平重門を今後使う事を許す。
官位は正四位主税守を授ける。今後、当代に限り会津松平一門待遇を許す。励まれよ
新手の迷惑メールでしょうか? そこでちょっと調べてみると、確かに松平樹良氏は会津松平家第14代当主を継承予定の人物とのこと。ですからこのメールが本物だったら「有り難き幸せ!」と言ったところですが、残念ながら突っ込みどころが多すぎます。
<突っ込みどころ1>
なんか尊敬調と丁寧調と命令調が入り交じった微妙な文章です。ちょっとちぐはぐな印象を受けます。あまり格調高い文章とは言えないと思います。

<突っ込みどころ2>
新名「松平重門」と「当代限り会津松平一門待遇」の進呈は会津松平一門の方なら可能かも知れませんが、官位「正四位主税守」を授けちゃっても良いのでしょうか? 官位(正しくは位階と官位)は昔なら朝廷、現在なら内閣府大臣官房人事課の承認が必要なのではないかと思います。

<突っ込みどころ3>
正四位」は1887年(明治20年)に制定された「叙位条例」(明治20年勅令第10号)による位階です。それ以前は「正四位上」、「正四位下」と言う位階でした。

<叙位条例前の位階(四位のみピックアップ)>
正四位上
正四位下
従四位上
従四位下

<叙位条例後の位階(四位のみピックアップ)>
正四位
従四位

<突っ込みどころ4>
主税守」等の官位は明治時代に廃止されております。ですから、明治以降の位階「正四位」と明治時代には廃止されていた官位「主税守」をセットにするのは無理があるのではないかと思います。

<突っ込みどころ5>(この項目は冗談です!)
明治時代に制定された「叙位条例」による位階と華族の爵位は、大体以下のような対応となっておりました。

正一位 公爵(故人)
従一位 公爵
正二位 侯爵
従二位 伯爵
正三位 子爵
従三位 子爵
正四位 男爵 ← 今回授けられた位階
従四位 男爵

7つの公国を統べる公爵(公国君主)である私を男爵待遇ですか・・・。まぁ、私は日本における正式な位階・爵位は保有していないので、これはこれで結構なことですが・・・。
このように突っ込みどころの多いメールなのですが、送信者は一応、私のブログの記事は読んで下さっているようです。有り難いことです。もしこのメールが本物なら、有り難く「名前」、「待遇」、「位階」、「官位」を頂戴しようと思います。

<公爵の独り言>
できればついでに何か爵位も下さい(笑)。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/08/09(水) 19:06:14|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<鉄道公安官 | ホーム | ルーツ・リアルブレンド・インスピレーション>>

コメント

>官位(正しくは位階と官位)

位階と官職ですね。
  1. 2006/08/10(木) 12:38:57 |
  2. URL |
  3. dzlfox #N1OpTHoY
  4. [ 編集]

dzlfox様
>位階と官職ですね。
ご指摘ありがとう御座います。その通りです。
  1. 2006/08/11(金) 00:30:05 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/901-f0705089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。