西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英国王ジョージ二世は女好き?

歴代イギリス国王(イングランド国王)は女好きが多く、有名なエピソードが数多くありますが、ハノーヴァー朝時代のイギリス国王ジョージ二世(在位:1727~1760)にも有名なエピソードがあるので紹介します。

ジョージ二世は王妃キャロラインという立派な王妃を熱愛しながら、多数の愛人を作り、王妃の嫉妬を買っていました。しかしその後王妃が病気になりました。王妃はもう助かる見込みはありません。そこで王妃は臨終の床で、

私が死んだら、是非再婚して幸せになって下さい!

と言ったそうです。するとジョージ二世は、

いや、わしは妾をおく!

と言って涙を流したと言われております。しかも「」は「複数形」だったそうです。

ところで、このような書き方をすると、ジョージ二世が王妃を泣かせるただの女好きにしか見えませんが、よく見ると「王妃」の座はキャロライン王妃以外には与えないことを宣言しています。ジョージ二世は多数の愛人を作りながらも、実はキャロライン王妃のことを一番愛していたのかも知れませんね。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/08/11(金) 01:54:40|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<英国王室とヨットレース | ホーム | 麦飯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/904-63a78565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。