西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

糠漬け牛肉のステーキ

今日、「肉のハナマサ」に行ったところ、オーストラリア産ステーキ用牛肉(ランプ)が安かったので、牛肉糠漬けにしてみました。今まで豚ロース肉、鶏胸肉は糠漬けにしたことがありますが、牛肉は初めての試みです。

買ってきた牛肉ですが、1パックに大きめの肉1枚と小さめの肉1枚入っていました。そこで、大きめの肉を二等分し、半分を糠漬けにしました。糠床は、通常の野菜用糠床から別容器に床分けしたものを使用しました。そして約4時間、漬け込みました。

糠床から牛肉を取り出してみると、色がかなり黒っぽくなっていました。ちょっと驚きです。そして糠を洗い流してフライパンでミディアムレアに焼いて出来上がりです。なお、味を比較するため、糠漬けにしなかった牛肉も一緒に焼きました(味付け無し)。

さて、お味の方はと言うと、なかなかの美味。糠漬けにしてあるので味が染みていて、調味料なしで食べられます。糠漬けの酸味のような独特の風味が付き、イイ感じです。ただ、少し塩味が強めの感じです。今回は約4時間漬けていますが、3時間、薄味が好みなら2時間の漬け時間でいいかも知れません。あと、糠漬けにした牛肉の色が黒っぽくなったと書きましたが、焼いてしまうとそれほど普通の牛肉とそれほど変わりませんでした。

糠漬け牛肉のステーキ、十分イケます! 誰かに食べさせて、どういう調理法をしたのか当てさせるのも面白いかも知れません。糠床さえあれば簡単に出来ますので、是非お試し下さい。

あと、肉類の糠漬け適性を纏めてみました。

<肉類の糠漬け適性>
 牛肉:○ 生肉を漬け込んでからフライパンで焼く
 豚肉:◎ 生肉を漬け込んでからフライパンで焼く
 鶏肉:× 生肉を漬け込んでからフライパンで焼く
 鶏卵:○ 半熟にボイルして殻を剥いてから漬け込む
 腸詰:× ボイルしたものを漬け込む

脂が多い肉類は、糠漬けの適性があるような感じがします。鶏卵の糠漬けは黄身が美味。腸詰(ソーセージ)は、既に味が付いているので、味がくどくなるので糠漬け向きではありません。他の獣肉や内臓肉(レバー、モツ、ハツ等)については、今後実験してレポートしたいと思います。お楽しみに。

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

  1. 2006/08/12(土) 22:53:15|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続:糠漬け牛肉のステーキ | ホーム | 夏の公爵家御料農場(20060812)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/907-bffb216c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。