西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SPQR

イタリアのローマを観光すると、あちこちで「SPQR」または「S.P.Q.R」と言う4文字のアルファベットが見られます。「SPQR」はラテン語「Senatus Populus Que Romanus」の略語で、その意味は「ローマの元老院と市民」、すなわち古代ローマ(共和政ローマ、ローマ帝国)の主権者を意味するそうです。また、「紳士淑女諸君」という感じで、演説などの冒頭の挨拶にも使われたそうです。

SPQR」の文字は、古代ローマとその市民の栄光と誇りを現すものであり、当時ローマ帝国の領域であった現在のヨーロッパや北アフリカにいたるあらゆる地域で公共物に全て刻まれ、軍団の軍旗などにも使われました。ローマ時代の遺跡やそれを基にした建造物、ローマ市の盾形の紋章に「SPQR」の文字を見て取ることができます。古代ローマ帝国を舞台にした映画などでも「SPQR」の文字は良く見られます。最近私が見た映画「The Robe」(邦題:聖衣)でも、ローマ皇帝カリギュラの玉座に金文字で「SPQR」と書かれていました。

また、現在でもローマ市役所の広報に使用されており、

SPQR ゴミはクズカゴヘ

といった風に使用されているそうです。

<公爵の独り言>
ローマ帝国関連と言うことで・・・。

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/13(水) 20:06:24|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大日本の名を持つ企業 | ホーム | 天皇の定年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/942-55348e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。