西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイ王国でクーデター発生!

タイ王国で陸軍によるクーデターが発生した模様です。

Yahoo!ニュース -読売新聞- 9月20日1時58分
タイでクーデター、陸軍が政治改革委の実権掌握
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060919-00000017-yom-int
 タクシン首相(57)の進退を巡って政治危機が続くタイで、陸軍が19日夜(日本時間20日未明)、地元テレビ局を通じ、「プミポン国王を長とする政治改革のための委員会が実権を掌握した」と発表した。

 首都バンコクの首相府付近には、戦車が展開し、軍が首相府を占拠したとの目撃証言もあり、陸軍によるクーデターとみられる。地元テレビは静止画像で放映しているほか、テレビ各局に軍兵士が入ったとの情報もある。

 タクシン首相はこの日、国連総会出席のため米ニューヨークに滞在中。首相府を通じて同日午後9時15分(日本時間同11時15分)、首都バンコクに非常事態宣言を発令するとともに、ソンティ陸軍司令官を解任すると発表した。首相は急きょ帰国の途についた。首相と反首相勢力がそれぞれ正統性を主張している状態で、タイの政治混乱は激しい権力闘争に発展した。
率直に言って、このクーデターによる混乱はすぐに収拾するのではないかと思います。タイ王国はプミポン国王(ラーマ九世)を崇拝する国民が多く、その権威は絶大なものがあります。かつてタイの大臣が権力闘争をした時、プミポン国王が両大臣を呼び出したところ、両大臣はプミポン国王の足元に平伏して許しを願い、事態はすぐに収拾したと言う逸話があります。今回の場合、タクシン首相の退陣は既に決まっている訳ですから、解決は早いのではないかと思います。

タイと言う国は、最終的にはプミポン国王のカリスマ性で纏まることになると思いますが、プミポン国王は御年78歳。国王に即位して今年で60周年。近年はご高齢のため体も弱くなっていると聞いております。臣下の方々は、あまりプミポン国王に心労を掛けない方が良いのではないかと思いますが・・・。タイの政治的混乱が早期に収拾することを願います。

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/09/20(水) 02:25:06|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<タイ王国でクーデター発生!(補足) | ホーム | 皇室大百科スペシャル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/950-dce67cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイ クーデターは成功?国王も黙認?

バンコクの要所をタイの国軍が制圧したことでクーデターは成功との見方が強い。暫定政権樹立へ向かう可能性が極めて高い。 タイ王国(―おうこく)は、東南アジアにある王国。東にカンボジア、北にラオス、
  1. 2006/09/20(水) 12:45:11 |
  2. ヤフーよりも厳選リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。