西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイ国王の名前と称号

現在のタイ国王の名前は「プミポン」と呼ばれておりますが、「ラーマ九世」と呼ばれることもあります。どう言う事かというと、「プミポン」と言うのは名前で、国王としての称号は「ラーマ九世」なのです。ですから、よく「プミポン国王」と言う表記を見かけますが、正式には「ラーマ九世国王」とお呼びするのが正しいのかもしれません。

参考に、現在のタイの王朝であるチャクリー朝(ラタナコーシン王朝とも呼ばれる)の国王一覧を以下に記載しておきます。

第一代
称号:ラーマ一世
名前:プッタヨートファーチュラーローク(チュラーローク)
在位:1782年~1809年

第二代
称号:ラーマニ世
名前:プッタルートラーナパーライ(ルートラーナパーライ)
在位:1809年~1824年

第三代
称号:ラーマ三世
名前:ナンクラオ
在位:1824年~1851年

第四代
称号:ラーマ四世
名前:チョームクラオ(モンクット)
在位:1851年~1868年

第五代
称号:ラーマ五世
名前:チュラチョームクラオ(チュラーロンコーン)
在位:1868年~1910年

第六代
称号:ラーマ六世
名前:モンクットクラオ(ワチラーウット)
在位:1910年~1925年

第七代
称号:ラーマ七世
名前:ポッククラオ(プラチャーティポック)
在位:1925年~1935年

第八代
称号:ラーマ八世
名前:アーナンタ・マヒドン(アーナンタ、マヒドン)
在位:1935年~1946年

第九代
称号:ラーマ九世
名前:プーミポン・アドゥンラヤデート(プーミポン)
在位:1946年~

なお、映画「王様と私」、映画「アンナと王様」のモデルとなったのはチャクリー朝第四代国王ラーマ四世です。

<公爵の独り言>
「ラーマ奥様インタビュー」と言うのを思い出しました(笑)。

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/09/20(水) 03:24:29|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<タイ王国の首都名 | ホーム | タイ王国でクーデター発生!(補足)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/952-3a91c5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイ クーデターは成功?国王も黙認?

バンコクの要所をタイの国軍が制圧したことでクーデターは成功との見方が強い。暫定政権樹立へ向かう可能性が極めて高い。 タイ王国(―おうこく)は、東南アジアにある王国。東にカンボジア、北にラオス、
  1. 2006/09/20(水) 12:45:29 |
  2. ヤフーよりも厳選リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。