西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大韓帝国皇室に暗雲

9月29日に「大韓帝国皇族会」が大韓帝国皇位継承式を行い、大韓帝国皇室の復活を宣言しましたが、大韓帝国皇室に早くも暗雲が立ち込めて参りました。

中央日報 2006.09.30 11:32:23
大韓帝国皇室「家門の復活」?
 日帝侵略で没落した大韓帝国(朝鮮)皇室の子孫が「家門の復活」を宣言した。

「大韓帝国皇族会」は29日、ソウルヒルトンホテルで大韓帝国皇位承継式を行い、義親王(ウィチン、18771955)の次女であるイ・ヘウォン翁主(88)を第30代皇位継承者に推戴する戴冠式を行った。

 皇族会はこの日「英親王(ヨンチン、1897~1970)の息子である李玖(イ・グ、1931~2005)邸下が後継者を残さずに昨年7月、死因不明で東京で他界し、英親王家の脈が切られることでヘウォン翁主を30代皇位継承者に推戴した」と明らかにした。ヘウォン翁主は大韓帝国皇室の法統を引き継いで皇室の代表全権、皇室保存および復元事業権、31代皇位継承者指命権を持つということが皇族会の説明だ。

 皇族会関係者は「ヘウォン翁主は義親王家の生存する子孫のうち最も序列の順位が高いことから皇室法により皇位を承継した」とし「女性が皇位を引き継ぐのは皇室法統上問題がない」と述べた。

 皇族会は李玖皇位継承者の他界を契機に大韓帝国皇孫約10人が今年の5月に結成した家族会だ。彼らは義親王の夫人のうち堂号(皇族認定)を受けた夫人と義親王の間に生まれた子供の子孫を中心に皇位継承の準備をしてきた。

 一方、全州李氏大同宗約院のイ・ジョンジェ事務総長は「皇族会が何どんな団体かわからずイ・ヘウォン翁主のほかには皇室関係者が1人もいない」と「大同宗約院が分からないのに何の伝統性があるのか」と話している。
どう言う事かというと、朝鮮王/大韓皇帝として朝鮮半島を統治した李王家の一族で構成される社団法人「全州李氏大同宗約院」は、「大韓帝国皇族会」なんか認めないと言っているのです。「全州李氏大同宗約院」は李王家の祭祀や、李王家の正当な後継者の認定を行ってきた団体です。

そう言えば、2005年7月に朝鮮王家の嫡流だった李玖氏が子孫を残すことなく東京で亡くなった時、「全州李氏大同宗約院」は李源氏(高宗皇帝の曾孫で、義親王の9男、李忠吉氏の長男)を正当な後継者と認定しています。

要は、「全州李氏大同宗約院」は既に李源氏を正当な朝鮮王朝後継者と認定しているのに、李王家の一部の者が勝手に「大韓帝国皇族会」なるものを立ち上げて、別の人物を皇位継承者として祭り上げたと言う状態です。このままでは後継者と認定された李源氏の立場がありませんから、「全州李氏大同宗約院」と「大韓帝国皇族会」が対立することは必至と思われます。

<公爵の独り言>
予想通り、早くもお家騒動が・・・。

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/09/30(土) 23:35:56|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<秋の公爵家御料農場(20061007) | ホーム | 大韓帝国皇室の今後>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/961-d244da92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

従軍慰安婦問題について

 慰安婦とは、慰安所において軍人に対する売春に従事した婦女の事であるが、この事に関しては日本に限らず戦争中は世界各国で行われていたと思います。  何十年も前から歴代の首相が謝罪しているのに、韓国や中国は日本の事のみオーバーに大きく取り上げて、未だに謝罪と
  1. 2007/05/24(木) 18:07:45 |
  2. 日本を良くする為に…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。