西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋の公爵家御料農場(20061007)

我が公爵家の食糧供給拠点である公爵家御料農場。まぁ、仰々しい名称ですが、実態はベランダにおいてあるただのプランターです。今日は公爵家御料農場の近況を少しお伝えします。

我が公爵家御料農場は合計3つのプランターで構成されており、現在は2つを耕作用(プランターA、B)、1つを土造り用(プランターC)に使っています。

<プランターA>
8月に奄美大島に帰った時に持ち帰ったハンダマ(水前寺菜、金時草)を1本植えております。植えた時は枝が4本で葉が無い状態でしたが、現在はかなり成長して、もう収穫しても大丈夫なくらいです。挿し木でもどんどん増やせるそうなので、近々枝を切り取って挿し木にする予定です。

<プランターB>
奄美大島から送られてきたパッションフルーツ(時計草)。何個かカビが生えてしまったので、それをプランターに埋めておいたところ、大量に発芽してきたので、それを植えてあります。しかし、南国のフルーツは東京の冬を越せないと思いますし、蔓を伸ばすほどスペースが無いので、かわいそうですが暫くしたらプランターCへ混ぜ込むことになりそうです。

<プランターC>
固くなったご飯や野菜くず、落花生の殻、卵の殻などを混ぜ込んでおります。なかなか肥えた土になっている感じがします。暫くしたら、プランターA、プランターBへ土を分配する予定です。

<その他>
昔植えていた野蒜の球根がプランターに残っていたようで、最近、芽が出てきました。野蒜の生命力に驚いています。

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/10/07(土) 15:03:34|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<浅草寺行幸(20061008) | ホーム | 大韓帝国皇室に暗雲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/962-5cc3a7ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

落花生 | 落花生の育て方、栽培方法

落花生を食べたことのない方はおそらくいないでしょう。 固い殻を割って中の豆を出して食べる。最近は既に剥かれている状態で売られていることが多く、もしかしたら殻の状態を見たことのないお子さんはいるかもしれませんね。私は千葉県生まれなので子供の頃はよく食べまし
  1. 2006/10/16(月) 16:21:08 |
  2. 落花生 | 落花生の育て方、栽培方法

家庭菜園と田舎暮らし

田舎暮らしをする上で、家庭菜園を楽しむ事は大きな魅力の一つだ。 では、どれぐらい...
  1. 2007/01/24(水) 00:27:19 |
  2. 田舎暮しにあこがれて。

田舎暮しの周りの環境

田舎暮しをしようと住む場所の候補地をいろいろ探す際、見落としがちなことがあります。田舎暮しでは周りの環境は、田舎なんだからどこも静かでよい と考えてしまいがちです。しかし、そこには田舎暮しだからこそ見落としがちなことがあるんです。「匂い」...
  1. 2007/02/08(木) 22:37:37 |
  2. 田舎暮しの極意【田舎暮しを180%楽しむ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。